logo_top.gif



faq.jpg

よくある質問

よくあるご質問をまとめました。

分からない点やご質問などがございましたら
お気軽にお問い合わせくださいませ。

Q.1 木造の家は地震や火災には大丈夫?

A. 地震や火災は大変重要な問題ですね。
昔(耐震基準・防火基準法施工以前)は
確かにそのようなイメージがありましたが、
現在は阪神・淡路大震災をきっかけに、
圧倒的に強くて、頑丈な作りになっています。
詳しくは当社の構造見学会でもご覧いただけますので、
どんどんお尋ね下さい。

Q2 シックハウスが心配なんですが?

A. 家作りでは、出来る限り
自然素材が好ましいですが、それだけでは不十分です。
家具や、電化製品からも、有毒な化学物質が発生しています。
その為にはその有毒な化学物質を吸着分解するレーベン等を使用し、
より確実なシックハウス対策が望まれます。

Q3 予算内で満足のいく家造りをするには?

A. まず優先順位を決めることです。
設備機器にお金をかけるのか、
健康素材か、建物のインテリアにこだわるとか、
ご家族皆さんで希望を出し合い、
優先順位を決め、総額の予算を把握し、
後は表面上の金額で惑わされずに、
どこまでが建物価格で、何がオプションなのかを、
しっかりと把握することが肝心です。
最終的(水や電気が使えて住める状態)にいくら支払えばいいかを、
確認してから資金計画をしましょう。

Q4 自然素材はお手入れが大変?

A. 自然素材は無垢の木や
天然の漆喰等を使用しますので、
まず空気が自然で違います。
汚れたら昔みたいに、雑巾かけなどです。
木は生きています。冬になって乾燥すると水分をはき、
梅雨どきは水分を吸って室内の湿度調整をしてくれます。
床板は天然の床暖房にさえなってくれます。
無垢の木の家は大事に愛情をもって使えば
必ずそれ以上の恵みを返してくれます。
自然素材の家とはそういうものです。

Q5 資金計画はいつの段階で?

A. 資金計画と建物プランは連動しています。
プランの段階で早めに総額を想定し、
追加やオプション工事などで、
思わぬ出費が出ないように、
何度でも資金計画やプランに、時間をかけましょう。
プラン見積りは早めに、契約はじっくり時間をかけて、
他社(最低3社以上)と比較しましょう。




株式会社ハウステクノライフ

〒771-0114 徳島県徳島市川内町宮島本浦237番地
TEL:088-665-7138
E-mail:ymanri@mb.pikara.ne.jp

Copyright 2010 HouseTechnoLife. All Rights Reserved.